.

自賠責保険とは正式名称で自動車損害賠償責任保険略すと自賠責保険と呼ぶ保険になります。80-18-75

このような自動車損害賠償責任保険は別名強制保険とも言われていて自動車を定期車検に出すときには決まっている期間内に適用される自賠責保険に入っている必要があります。80-10-75

つまりは、すべての車に加入が義務づけられている保険です。80-15-75

それでは車に自賠責保険がついたまま売却した場合はどうなるか考えてみたいと思います。80-8-75

自賠責保険は車検のときに更新をすることが少なからず存在しますが、仮に強制保険(自賠責保険)が付いたままの自動車を手放したケースではお金が返還されるということはほとんどないでしょう。80-12-75

というのは自賠責保険の加入を外して、次の保有者にシフトする作業は多少面倒なのです。80-7-75

なので強制保険(自賠責保険)の場合は、名義変更をした後にクルマと一緒に手放すということが普通です。80-17-75

ただ、その代わりの金額を買取額に上乗せしてくれます。80-4-75

自動車損害賠償責任保険は自動車税と違い、支払い済みの金額を1ヶ月単位で割り算した額が返ってくるやり方ではなく査定に乗せるというような手段を使うケースが一般的ですがこういった内容が見積に明記されることは珍しいです。80-5-75

ですので売却時は強制保険の額が査定額に反映されているかを確認するようにしましょう。80-16-75

自分が払った保険料がどのくらいの額かということを知っておけば、間違いはないでしょう。

その自賠責保険の加入金額は、期間次第で違うものですから、確認が必要です。

車の処分の際には自賠責保険の名義書き換えをしなければなりません。

もし名義書き換えをせずに放っておいたら保険会社から自分宛に保険の満了の知らせが届くことになります。

売却を検討中の車がほんの少しでも高く手放せることを応援させて頂きますね。



80-13-75 80-11-75 80-19-75